森下暢仁”8回0封10勝目で新人王に前進”最優秀防御率「取りたい気持ちもある」【カープベストプレー選手】(20201101)

11月1日(日) 中日 vs. 広島 23回戦 [ナゴヤドーム]

1日に行われた中日戦は、[中日0-3広島]で広島が勝利しました。森下は8回7安打7奪三振無失点の好投で今季10勝目を挙げ活躍。

スポンサーリンク

森下「取りたい気持ちもある」

8回0封で10勝目。新人王に大きく近づき、最優秀防御率のタイトルも見えてきた。

「ここまできたら取りたい気持ちもあるけど、自分が任されたところでしっかり投げたい」

出典元:広島・森下、21年ぶり新人の最優秀防御率「取りたい気持ち」トップ大野雄と0.002差/広島カープ/デイリースポーツ online

【本日の成績】森下暢仁選手
8回 119投球数 7被安打 0被本塁打 7奪三振 1与四死球 0失点
4打数 1安打 0打点 0四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
10勝3敗0S、左安(6回表)

森下は8回7安打7奪三振無失点、119球の好投で今季10勝目を手にした。立ち上がりからストレートが高く浮いていたが、初回のピンチを無失点で切り抜けると変化球を上手く使って4回まで毎回の6三振を奪った。1点リードの6回表2死1・3塁のピンチを防いで、7回表の攻撃につなげた。10勝目を挙げ新人王に大きく近づき、防御率も僅差で2位に浮上し、最優秀防御率のタイトルも見えてきた。

試合は2回表に大盛穂の適時打でカープが先制。カープは5~6回表、中日は6回裏の得点機のチャンスを生かしきれない中、カープが7回表に2点を奪って主導権を握った。森下は8回無失点、フランスアは9イニングを三人で締めて逃げ切った。

【投票】今日のベストプレー選手!

カープ関連情報