【カープ選手】大瀬良大地「いい部分のほうが多かった」2回には三者連続三振(20200320)

3月20日(金) 広島 vs. 中日 [マツダスタジアム]

20日に行われた中日戦は、「広島3-4中日」で広島が敗れました。大瀬良は7回7安打4奪三振4失点、バットでも内野安打を放って活躍。

スポンサーリンク

大瀬良「いい部分のほうが多かった」

7回7安打4奪三振4失点、バットでも内野安打。

「お互いのやってみたいことが凝縮された練習試合だった。7回には打たれたが、いい部分のほうが多かった」

出典元:【広島】幻の開幕戦に先発した大瀬良「本来ならすごい緊張感の中で投げていたのかな」 : スポーツ報知

【本日の成績】大瀬良大地選手
7回 101投球数 7被安打 0被本塁打 4奪三振 2与四死球 4失点
2打数 1安打 0打点 0四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
投安(5回裏)

大瀬良は7回を投げ7安打4奪三振4失点、2回は三者連続三振を奪うなど6回までは無失点と好投した。バットでも5回に1死1塁からバスターを決め、高く弾む打球を放って内野安打で出塁した。

ストレートとカーブが特に良く、6回まで2安打4奪三振無失点の圧巻の投球だった。7回は5長短打を集められ4失点したが、次回登板で修正してくれるだろうし、特に問題はないだろうね。

カープ関連情報

  • 広島・佐々岡監督、九回の粘りを評価「最後の最後までという意識がある」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 広島上本が安打でアピール「打たないと出られない」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 広島菊池涼介が先制弾 持ち前パンチ力で左中間席に(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)