2022年の応援について

栗林”新人王”受賞 / [契約更改]九里”5300万円増”年俸1億4千万円「僕一人の力ではなくて」、松山”1500万円減”【カープ】(20211215)

栗林”新人王”受賞、九里と松山が契約更改。

15日、「NPBアワーズ」が行われ栗林良吏選手がセ・リーグの最優秀新人選手賞(新人王)を受賞した。九里亜蓮選手と松山竜平選手がカープ球団との契約更改交渉に臨み、九里は5300万円増の年俸1億4千万円プラス出来高払い(3年総額6億5千万円)、松山は1500万円減の年俸7500万円でサインした。

スポンサーリンク

栗林”セーブ集”

カープ関連の動画を探して、紹介しています。

(外部サイト:YouTube[【球団お墨付き】勝ちグセ。Carpチャンネル])
※ 動画サイトにより、動画が削除される場合があります。

新人王おめでとう♪

開幕2戦目(中日戦)でプロ初セーブを挙げると、22試合連続無失点をマークして新人プロ野球記録を更新。さらに球団新人新記録の26セーブも達成、さらにさらにシーズン最終戦で37セーブをあげ新人最多セーブ(山崎・DeNA)のプロ野球記録に並んだ。

今季は53試合に登板し、防御率0.86、0勝1敗、37セーブ、奪三振率13.93。

九里と松山が契約更改

カープ関連の動画を探して、紹介しています。

(外部サイト:YouTube[【球団お墨付き】勝ちグセ。Carpチャンネル])
※ 動画サイトにより、動画が削除される場合があります。

新型コロナウイルス感染による離脱もあったが、自身初となる2ケタ13勝を挙げ、初タイトルの最多勝を獲得した。今季取得した国内FA権を行使せずに残留を表明、来季も先発の柱として期待され、自身初の開幕投手を狙う。

今季は25試合に登板し、防御率3.81、13勝9敗、2完投、勝率.591の成績を残した。通算成績は185試合に登板し、防御率3.77、50勝40敗、6完投、2完封、6ホールド、勝率.556。

松山は「5番左翼」で開幕スタメンのチャンスを掴んだが、85試合の出場に終わった。一方で代打では、打率.326と存在感を示した。今季は85試合に出場し、打率.263、2本塁打、29打点、出塁率.325、得点圏.339の成績を残した。通算成績は1071試合に出場し、打率.284、80本塁打、475打点、出塁率.332、得点圏.307。

九里亜蓮 年俸1億4千万円 5300万円増(3年総額6億5千万円)
松山竜平 年俸7500万円 1500万円減
(金額は推定)
カープ契約更改・年俸一覧

関連情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました