【カープ選手】森下暢仁”プロ初完投初完封勝利”「きょうは0で最後まで」(20200814)

8月14日(金) 阪神 vs. 広島 9回戦 [京セラD大阪]

14日に行われた阪神戦は、[阪神0-6広島]で広島が勝利しました。森下は2安打12奪三振無四球、プロ初完投初完封勝利で今季4勝目。

スポンサーリンク

森下「きょうは0で最後まで」

2安打12奪三振無四球、プロ初完投初完封勝利で今季4勝目をあげた森下

「初勝利の時は最後まで投げきることが出来なかったので、きょうは0で最後まで投げきることが出来て良かったです」

出典元:広島・森下 プロ初完封、新人一番乗り「いい経験になりました」2安打12Kに無四球― スポニチ Sponichi Annex 野球

【本日の成績】森下暢仁選手
9回 127投球数 2被安打 0被本塁打 12奪三振 0与四死球 0失点
3打数 1安打 2打点 0四死球 1犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
4勝2敗0S、捕犠打(2回表)、左2(6回表)

森下は9回2安打12奪三振無四球無失点、127球のプロ初完投初完封勝利で今季4勝目を手にした。4回まで三者凡退、さらに4回は三者三振を奪う快投。5回と9回に安打を許したものの、阪神打線をストレートの力で抑え込んだ。バットでも「阪神0-4広島」の6回表に2死1・2塁からレフトへ2点タイムリーツーベースを放ってプロ初打点もマーク。

カープは10安打6得点で勝利し連敗を止めた。森下が先発全員から三振を奪う無四球完封、投打で活躍。打線は初回、鈴木誠也の適時打で先制すると、続く松山竜平の2点適時二塁打で加点。3回表には松山竜平の併殺打の間に1点をあげ、6回表には森下暢仁の2点適時二塁打でリードを広げた。投げては先発・森下暢仁は9回2安打12奪三振無失点、127球の無四球完封で今季4勝目。

【投票】今日のベストプレー選手!

カープ関連情報