【カープ情報】ドラ1・森下ら新人9選手「湯ノ山明神」参拝 / 小窪”護摩行”初参加「弱いと思ったので」(20200109)

新人9選手が“コイの滝登り”神社参拝。小窪ら護摩行。

9日、ドラフト1位・森下暢仁投手ら新人9選手が「湯ノ山明神(広島市佐伯区湯来町)」を参拝。小窪哲也内野手、石原慶幸捕手、会沢翼捕手、堂林翔太内野手が鹿児島県の最福寺で護摩行を行った。

スポンサーリンク

森下「広島は温かい街」

森下ら新人9選手が湯ノ山明神(広島市佐伯区湯来町)を参拝。

「広島は温かい街だと思っている。自分自身、早く赤いユニホームを着て頑張りたい。地域のみなさんに、良い報告ができれば良い」

出典元:“コイの滝登り”のように成長を 新人9選手が神社参拝で祈願/広島カープ/デイリースポーツ online

9日、ドラフト1位・森下暢仁投手ら新人9選手が「湯ノ山明神(広島市佐伯区湯来町)」を参拝した。

参拝後には、地元保育園に通う園児たちが「CCダンス」を披露、選手たちに手作りのペンダントをプレゼントした。選手たちは笑顔で、カープチルドレンに活躍を誓った。

一人でも、二人でも、多くの新人選手が一軍の舞台に上がってコイ(来い)よ!

小窪「弱いと思ったので」

初めて護摩行に参加した小窪哲也

「チームがきついときに何とか助けたい思いがあったんですが、それができず、弱いと思ったので石原さんにお願いしました」

出典元:広島小窪が初護摩行「弱いと思ったので」石原に直訴 – プロ野球 : 日刊スポーツ

9日、小窪哲也内野手、石原慶幸捕手、会沢翼捕手、堂林翔太内野手が鹿児島県の最福寺で護摩行を行った。燃えさかる炎に向かって経を唱え、自分自身と闘い続けた。

4連覇を逃した昨シーズンは51試合の出場に終わり、悔しい思いをした。復活をかけ石原に直訴、護摩行に初めて参加した。小窪の中で何かが変わり、今シーズン活躍することを期待する。がんばれ小窪♪

小窪は昨シーズン51試合に出場し、打率.246、1本塁打、5打点だった。

カープ関連情報

  • 【広島】石原慶、14度目の護摩行「もう一人の自分に勝つ」会沢、小窪、堂林も(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 広島会沢「気持ちが一層入る」V奪還へ決意の護摩行(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 広島堂林「自分に勝つ」自主トレ先から護摩行に合流(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)