【日米野球・第4戦】2018年11月13日[MLBオールスター 3-5 侍ジャパン]”大瀬良 vs マエケン”新旧エース対決が実現!

田中の同点打に、菊池の決勝スクイズ!

13日、マツダスタジアムで行われた「日米野球」第4戦は、「MLBオールスター 3-5 侍ジャパン」で侍ジャパンが逆転勝利しました。

スポンサーリンク

試合結果

11月13日(火) MLBオールスター vs. 侍ジャパン 4回戦 [マツダスタジアム]

侍 000|000|014|  5
M 010|000|110|  3

(侍は侍ジャパン、MはMLBオールスター)

侍ジャパンの逆転勝利。2点を追う8回に秋山の本塁打で打線が活気づくと、9回には上林の適時打で1点差に迫り、田中広の適時打で同点に、菊池がセーフティスクイズを決め勝ち越し、柳田の遊ゴロの間に1点をあげリードを広げた。投げては、先発・大瀬良は5回2安打1失点と好投。敗れたMLBオールスターは、先発・前田が2回無失点に抑え8回までリードするが、9回に救援陣が崩れた。

大瀬良「自分らしい投球ができました」

ドジャース・前田健太と投げ合う大瀬良。

「こういう機会に巡り合えたので幸せに思う。成長した姿を少しは見せられたのかなと思います。しっかりと強気に自分らしい投球ができました」

【本日の成績】大瀬良選手
5回 73投球数 2被安打 1被本塁打 3奪三振 1与四死球 1失点

マツダスタジアムのマウウンドに、侍ジャパンの先発・大瀬良大地投手、MLBオールスターの先発・前田健太投手(ドジャース)が上り、夢のような対決が実現した。大瀬良は2回に本塁打を許したものの5回2安打1失点と好投して、かつての大エースに成長を見せた。

スポンサーリンク

マエケン「すごく幸せな時間だった」

マエケン凱旋登板”貫禄の22球”

「久しぶりにこの球場で投げることができて、僕にとってすごく幸せな時間だった。日本の打者と対戦できたことも楽しくて、ファンの前で投げられたこともうれしかった」

【本日の成績】前田健太選手
2回 22投球数 1被安打 0被本塁打 2奪三振 0与四死球 0失点

マエケンがマツダスタジアムのマウンドに上がった。久しぶりの光景に、鯉殿(運営者)は嬉し涙が出そうになった。マエケンと流した涙は幾度あっただろう。あの頃のカープの目標はCSに行くことだった。マエケン、貫禄でたな~、やっぱメジャー選手って感じだよな~。もっともっと見たかったと言うのが本音ですが、ハードスケジュールだと思うんでしょうがないですね。またマツダスタジアムへ来る時まで、がんばれマエケン♪

スポンサーリンク

菊池「2球目ぐらいにどうですか?」

9回1死1・3塁、菊池が決勝のセーフティースクイズを決めた。

秘策は“逆提案”だった。「セーフティースクイズあるよ」と9回の猛攻の中、ベンチで稲葉監督が菊池にささやくと「2球目ぐらいにどうですか?」と菊池。同点に追いつき、なお1死一、三塁で打席へ。1ボールからの2球目。信頼のサインに一塁線へ転がし、三塁走者・田中広が決勝ホームを滑り抜けた。

【本日の成績】菊池選手
4打数 1安打 1打点 0四死球 1犠打 0盗塁 0本塁打

田中広と菊池がマツダスタジアムで躍動。[MLBオールスター 3-1 侍ジャパン]の9回表、無死2塁から上林がセンターへタイムリーヒットを放って1点差に、1死2塁から田中広がセンターへタイムリーヒットを放って同点に。なおもチャンスは続き、田中広が二盗を仕掛け相手のミスも絡んで三塁まで進塁、秋山は敬遠、1死1・3塁から菊池がセーフティスクイズを決めて勝ち越した。その後も柳田の遊ゴロの間に1点をあげリードを広げた。

関連情報

  • 【動画】【2018日米野球】第4戦ダイジェスト – スポーツナビ「スポーツナビ」(外部リンク)
  • マエケン続投懇願も却下 対戦約束会沢に打席回らず(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 黒田博樹氏、ヤンキースのユニホームで始球式(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • カープ西川、外野初実戦で難なく処理「打球判断が難しい」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 広島・下水流がソロ本塁打を含む2安打2打点と存在感「確実性をもっと上げたい」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)
  • 広島5位田中、上背ないからこそ挑む「160キロ」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)