【カープキャンプ】侍・稲葉監督、菊池らを視察し坂倉を高評価。ジョンソン「全体的に良かった」(20180204)

日南春季キャンプ(3日)

日南春季キャンプに侍ジャパン・稲葉監督が視察に訪れた。緒方監督や菊池と挨拶を交わし、次世代の代表候補として坂倉の名前を挙げた。ジョンソンは今キャンプ初のブルペン入りで、29球を投じた。

スポンサーリンク

坂倉「選ばれたい気持ちは強いです」

喜びの思いが、19歳の表情からにじみ出た。広島のキャンプに来訪した侍ジャパン・稲葉監督の口から出てきたのは2年目の若鯉の名前だった。「坂倉選手は非常に打撃もいい。2020年がどうかは分からないけど、これから野球界を背負う捕手になるんじゃないかと思います」。未来の代表入りへ期待を掛けられた坂倉は恐縮しきりに率直な思い、そして代表への強い思いを語った。

「うれしいというか本当に幸せな気持ちでいっぱいです。(これまで)中、高で選ばれてこなかったですし、代表に縁がなかったので、選ばれたい気持ちは強いです」

(引用:坂倉に侍・稲葉監督がコイをした「これから野球界背負う捕手になる」/カープ/野球/デイリースポーツ online

日南春季キャンプに、侍ジャパン・稲葉監督が若鯉を視察に訪れた。

カープファンは「稲葉ジャンプ」で盛り上げた。稲葉監督は緒方監督や菊池と挨拶を交わし、田中、鈴木、西川らの仕上がり具合を確認、そして次世代の代表候補として坂倉将吾の名前を挙げた。

昨シーズンは2軍で打率.298、1軍での出場は3試合で4打数1安打。

今シーズンは何試合1軍に上がって来れるか楽しみ。がんばれ坂倉、華麗なるバットコントロールを1軍の舞台で見せてくれ♪

菊池「爪痕を残したい」

「セーフティー(バント)とか爪痕を残したい。(昨年の)WBCに出たメンバーで引っ張っていかないといけない」と気を引き締める。

(引用:広島 菊池、侍強化試合・豪戦へ気引き締める「爪痕残したい」― スポニチ Sponichi Annex 野球

菊池涼介選手はこの日、春季キャンプ視察に訪れた侍ジャパン・稲葉監督と言葉を交わした。

稲葉監督は、約1時間半の視察を終え、強化試合メンバー選出の菊池の仕上がり具合を確認し、期待を寄せた。

ジョンソン「全体的に良かった」

ジョンソンは29球を投げ「初日のブルペンにしては良かった。球を低めに集めることを意識した。浮いた球もあったが、全体的に良かったです」と振り返っていた。

(引用:野村、ジョンソンの開幕投手候補2人が初ブルペン/カープ/デイリースポーツ online

ジョンソンはこの日、今キャンプ初のブルペン入りで、フォームを入念に確認しながら29球を投じた。

目指すのは15勝で沢村賞を獲得した2016年シーズン、昨シーズンの体調不良に悩まされたことも頭に入れ、オフにはウエートトレーニングなどで体をつくってきた。

カープキャンプまとめ

その他のカープ関連情報

広島 高橋昂、フリー登板で直球に力 2年目左腕を畝コーチ称賛 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

カープ堂林、左腕の高橋昂から特大の一発「結果はたまたまです」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

広島カンポスが豆まき初挑戦「いい経験ができた」 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

侍稲葉監督を広島ファンが「稲葉ジャンプ」で歓迎 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)