小園海斗”1安打3打点”先制タイムリー「初球から思い切って」【カープベストプレー選手】(20210514)

5月14日(金) 広島 vs. DeNA 7回戦 [マツダスタジアム]

14日に行われたDeNA戦は、[広島9-2DeNA]で広島が勝利しました。小園は1安打3打点、先制タイムリーヒットを放って勝利に貢献。

スポンサーリンク

小園「初球から思い切って」

2回裏無死2・3塁、小園はライトへ先制適時打を放った。

「守備位置を見ながら内野ゴロでもいいという気持ちで入ることができました。初球から思い切っていった結果抜けてくれて良かったです」

出典元:広島が22イニングぶり得点 小園、羽月の適時打で3点先取/広島カープ/デイリースポーツ online

【本日の成績】小園海斗選手
3打数 1安打 3打点 1四死球 0犠打 1犠飛 0盗塁 0本塁打
右安(2回裏)、左犠飛(7回裏)、四球(8回裏)

小園海斗選手は3打数1安打3打点の活躍で勝利に貢献した。「広島0-0DeNA」の2回裏、西川と安部を走者に置いて無死2・3塁から小園がライトへ先制のタイムリーヒットを放った。なおもチャンスは続き、2死満塁から羽月がライト線を破る2点タイムリーツーベースヒットを放ってこの回3点を奪った。「広島5-2DeNA」の7回裏は坂倉のタイムリーツーベースヒットに続いて、1死2・3塁から小園がレフトへ犠牲フライを放って1点を追加、さらに 田中広の打席で相手バッテリーミスにより加点。「広島8-2DeNA」の8回裏は2死満塁から小園は押し出し四球を選んだ。

先発・高橋昂也は6回4安打4奪三振2失点と好投して今季2勝目を挙げた。高橋昂、小園、羽月の若鯉が躍動した。