【カープキャンプ】岡田 最速152キロ 2回無失点。上本の好守に拍手喝采(20180217)

沖縄春季キャンプ(16日)

沖縄キャンプが16日にスタートし、コザしんきんスタジアムで紅白戦(白組0-1紅組)が行われた。岡田明丈投手は実戦初登板で最速152キロを計測し、上本崇司選手は両軍の守りに就いて好守を連発した。

スポンサーリンク

岡田「自分のタイミングで投げられた」

「最初のイニングは力んでしまって、思い通りの球ではなかったけど、2イニング目に修正できました。しっかり自分のタイミングで投げられたボールは良かったと思います」

(引用:岡田 いきなり152キロ 剛腕復活間近 今年初の実戦で2回0封!!/カープ/野球/デイリースポーツ online

岡田はこの日、最速152キロのストレートを投げ込み2回を2安打無失点に抑えた。1イニング目の3回は、1死満塁のピンチに丸を見逃し三振に、バティスタを一ゴロに仕留めた。4回は、下水流を空振り三振、庄司を一ゴロ、会沢を投ゴロの三者凡退に抑えた。

好投しながらも突如制球を乱す悪癖を直すべく、今シーズンオフから課題に真正面から向き合った。脱力投法を意識する中で、安定感と球速を追い求めている。

安定感が加われば無敵!
今シーズンの主役は君だ! がんばれ岡田☆

上本「数をこなすしかない」

全5イニングの守備専念については「しょうがないです。そういう選手なんで。積み重ねしかない。角度と距離感、判断も(守備位置で)全然違う。数をこなすしかない」と振り返った。

(引用:広島上本に拍手喝采、紅白戦で好守連発/今日の一番 – プロ野球 : 日刊スポーツ

上本はこの日、普段では見られない両軍の守りに就いた。打席には一度も立つことはなく、昨シーズンから練習中の外野を守った。4回には坂倉の打球(レフト後方)を背走しながら好捕し、5回には美間の打球(センター前方)をダイビングキャッチしてスタンドから拍手を浴びた。

全5イニング表裏を守ることは、チームの方針だったのでしょうかね。それとも本人の意向だったのでしょうかね。真相はわかりませんが、本人は打ちたかったでしょうね!

開幕一軍を目指し、がんばれ上本☆

カープキャンプまとめ

その他のカープ関連情報

広島・大瀬良と薮田が紅白戦先発 ともに実戦で好投で手応え (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

DAZNでNPB11球団の試合放映が決定! (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

広島・野間が胃腸炎 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)(外部リンク)

広島、沖縄2次キャンプスタート 室内練習場完成式も 緒方監督「日本一への戦い」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)