九里”7回2失点で両リーグトップの3勝目”「粘り強く1点でも少なく」【カープベストプレー選手】(20210410)

4月10日(土) 広島 vs. 巨人 2回戦 [マツダスタジアム]

10日に行われた巨人戦は、[広島4-2巨人]で広島が勝利しました。九里は7回3安打5奪三振2失点、今季3勝目を挙げて勝利に貢献。

スポンサーリンク

関連情報

九里「粘り強く1点でも少なく」

両リーグでトップの3勝目を挙げた九里

「何とか粘り強く1点でも少なくという気持ちで投げました」

出典元:広島・九里 アクシデントも両リーグトップの3勝「1点でも少なくという気持ち」/広島カープ/デイリースポーツ online

【本日の成績】九里亜蓮選手
7回 106投球数 3被安打 1被本塁打 5奪三振 2与四死球 2失点
1打数 0安打 0打点 0四死球 2犠打 0犠飛 0盗塁 0本塁打
3勝0敗0S

九里亜蓮は7回3安打5奪三振2失点(自責点1)、106球の粘投で今季3勝目を挙げた。初回は1死から四球をきっかけに2つのミスが絡んでノーヒットで先制点を献上。打線が同点に追いついた後の3回表にも勝ち越しソロを浴びた。打線が4回裏に勝ち越し、九里はそこから徐々にリズムを取り戻した。

先に点を取られ、なかなかひっくり返せない展開だったが、菊池涼と安部がともに3安打1打点と打線をけん引、チームに勢いをもたらした。逆転してからの九里は安定感が出てカープのペースに持ち込んだ。初回はミスが連発してどうなることかと思ったが、最終的に勝てて良かった。