鈴木誠也”3安打3打点”21号2ラン「積極的に打ちにいきました」【カープベストプレー選手】(20201009)

10月9日(金) 広島 vs. ヤクルト 18回戦 [マツダスタジアム]

9日に行われたヤクルト戦は、[広島7-12ヤクルト]で広島が敗れました。鈴木誠は3安打3打点、21号2ランホームランを放って活躍。

スポンサーリンク

鈴木誠「積極的に打ちにいきました」

5回裏1死1塁、鈴木誠は左越えへ21号2ラン本塁打を放った。

打ったのはストレート。積極的に打ちにいきました。ひと振りでしっかりとらえることができました。

出典元:誠也 歳内の白星を打ち砕く看板直撃2ラン 4戦ぶり21号、堂林の同点打呼び込む 5回で3の3、3打点― スポニチ Sponichi Annex 野球

【本日の成績】鈴木誠也選手
4打数 3安打 3打点 1四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 1本塁打
左安(1回裏)、左安(3回裏)、左本(5回裏)、死球(7回裏)

鈴木誠は「3番、右翼」で先発出場し、本塁打を含む3安打3打点で活躍した。「広島0-4ヤクルト」の3回裏は1死1・3塁からレフトへタイムリーヒット、「広島1-4ヤクルト」の5回裏は1死1塁からレフトスタンドへ21号2ランホームランを放った。なおも2死1塁のチャンスに堂林翔太が同点タイムリーヒットで続いた。

試合はヤクルトが初回に4点を先制。先に点を取りたいカープは3回に1点、5回に3点を取って同点とし逆転への道筋をつくったが、その後投手陣が崩壊して敗れた。6回の6失点が重かった。鈴木誠也は本塁打を含む3安打3打点、堂林翔太は3安打2打点、師弟コンビが活躍していただけに勝ちたかった..。

カープ関連情報