【カープ選手】鈴木誠也”8号2ラン”「一振りでしっかりと」(20200721)

7月21日(火) 阪神 vs. 広島 3回戦 [甲子園]

21日に行われた阪神戦は、[阪神9-4広島]で広島が敗れた。鈴木誠は1安打2打点、8号2ランホームランを放って活躍。

スポンサーリンク

鈴木誠「一振りでしっかりと」

7回表無死1塁、鈴木誠が中越えへ反撃の8号2ラン本塁打を放った。

「打ったのはストレートかな。一振りでしっかりと捉えることができました」

出典元:広島・鈴木誠が8号2ラン「ひと振りで捉えることができました」/広島カープ/デイリースポーツ online

【本日の成績】鈴木誠也選手
2打数 1安打 2打点 2四死球 0犠打 0犠飛 0盗塁 1本塁打
四球(4回表)、中本(7回表)、四球(8回表)

鈴木誠は「4番、右翼」で先発出場し、本塁打を含む1安打2打点で活躍した。「阪神6-1広島」の7回表、先頭の堂林翔太がレフトへのヒットで出塁、続く鈴木誠也は無死1塁からカウント1ストライクからの2球目を捉えてバックスクリーン左へ、反撃の8号2ランホームランを放った。その後もチャンスは続き、1死1・2塁から田中広輔がレフトへタイムリーヒットを放って2点差に迫った。なおも1死満塁の一打同点のチャンスは続いたが、西川龍馬がダブルプレーに倒れた。

打線では堂林翔太が5号ソロを含む2安打1打点で好調を維持。心配なのは松山竜平、今日も無安打、ここ最近は打率も下がってきてる。その松山よりも心配なのは投手陣。先発でここ最近5回以上を投げたのは大瀬良だけ。中継ぎ投手陣の登板過多が続いている状態である。勝ち継投の再編も重要だが、先発陣の再編も急がれる。

カープ関連情報